スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年09月07日

チョコレートダイエット

ダイエットは美容のためにおこなわれることがよくあります。しかし、本来はダイエットは健康のためにおこなわれるべきことのようにもおもえますよね。ダイエットを健康のために行えば、結果として美容にもよい影響がでると考えるのがよいようです。

チョコレートダイエットとは、チョコレートを食前にとるダイエットのことです。
チョコレートダイエットなんて、ちょっと不思議な感じがしますが、チョコレートに入っている糖分が速やかに吸収されることで、血糖値が上昇して満腹中枢が刺激されるので、食事の量を減らすことができるのです。
また、チョコレートの原料であるカカオには、タンニンが含まれていて、便秘予防の効果もあり、さらには近年注目されているカカオポリフェノールが甲状腺を刺激するので基礎代謝がアップするというダイエット効果もあります。
チョコレートダイエットは、甘いものがやめられない人にとってはうってつけのダイエット方法となるかもしれません。

 ダイエットを成功させるために、必ず理解しておかなければならないポイントがあります。
 それは「人は、なぜ太るのか」、そして「人は、なぜやせるのか」。
 答えは簡単――摂取したカロリーの方が消費したカロリーより多ければ体重は増え、少なければ体重は減るのです。
 よって、ダイエットを成功させるためには、食事のコントロールにより摂取カロリーを減らすか、運動などによって消費カロリーを増やすかのどちらかあるいは両方を行なうことになります。
 このうち、摂取カロリーのコントロールを行なう上で必要になってくるのが、カロリー計算です。
 食事の量を減らしても、カロリーの高いものばかりをとっていたのでは意味がありません。
 確実なダイエットを行なうためには、目標体重にあわせて1日に摂取するカロリー量を計算して、計画的にダイエットを進めていくことが大切です。
  


Posted by ダイエットマニア at 01:27ダイエット

2007年09月04日

健康法としてのダイエット方法

ダイエットは美容法と捕らえられていますが、むしろ健康法として捕らえたほうがよいのかもしれません。そして、健康になることを通じて、美しくなるというのがダイエットの本来あるべき姿なのではないでしょうか。

 ダイエットを志す世界中の人々から、今「和食」が注目されているといいます。
 和食がダイエットメニューとして優れている理由として、まず第一に挙げられるのが、脂肪が少ないということ。
 脂肪は炭水化物に比べて、同じ量ではるかに高カロリーですが、和食の主食となるご飯には、この脂肪がほとんど含まれていません。
 一方、洋食の主食となるパンには、小麦粉の他に、バターやマーガリンが使われています。
 よって、同じ量を食べても、和食メニューの方がはるかに低カロリーで、ダイエットに適しているということになるのです。
 第二点目は、食物繊維が多いこと。
 よく、ダイエットの大敵として挙げられるものに、便秘があります。
 なぜ便秘がダイエットの大敵かというと、腸から毒素が吸収され、それが全身に回ることで、体の代謝機能を大幅に衰えさせるからです。
 その便秘を解消してくれるのが、食物繊維。
 食物繊維は腸の働きを高め、便通を促してくれます。
 また食物繊維には、体内の余分な脂肪を排出する効果もあります。
 第三点目は、ミネラルが豊富に含まれていること。
 ミネラルは体内の酵素を正常に働かせるために欠かすことのできないものであり、これが不足すると、やはり代謝が低下して「ダイエットしてもやせない体」になってしまうのです。
 しかし、和食の“汁物”などには、ミネラル豊富な海産物が多く含まれており、不足しがちなミネラルを補うことができます。
 皆さんも、ダイエットを成功させるために、ダイエットメニューとしての和食を、より積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 ダイエットの方法は、若い女性の関心事として、必ず上位にくるものです。
 ゆえに、ダイエット関連商品は巨大市場を形成しており、また巷には数百もの「○○ダイエット」と称するダイエットの方法が氾濫しています。
 曰く、「食べるだけでやせる」「飲むだけでやせる」「塗るだけでやせる」「寝ている間にやせる」……等。
 しかしその一方で、高価なダイエット商品を購入しても全く効果がなかった、いろいろな方法を試してみてもうまくいかなかった――という声も、よく耳にします。
 それはなぜなのでしょうか
  


Posted by ダイエットマニア at 01:41ダイエット

2007年09月02日

チョコレートダイエット

健康のためのダイエット。これが本来あるべき姿でしょう。健康になれば美容面も美しくなります。体の内面からの美容です。これこそが本来のダイエットのあるべき姿なのかもしれませんね。

 ダイエットというと、かつては“苦しい食事制限”というイメージがつきまとったものですが、近年では“ダイエット食品”が多く登場し、「食べながらやせる」というスタイルが一般化してきました。
 ダイエット食品とは、原料の配合を工夫したり、特殊な食材を用いることで、通常の食品に比べてカロリーを大幅にカットした加工食品のことです。
 ダイエット食品の中には、単に低カロリーなだけでなく、脂肪や炭水化物の燃焼効率を高めるための成分や、便秘解消・デトックスを目的として食物繊維を配合したものなども製品化されています。
 ダイエット食品は「低カロリー食品」として、肥満の人や糖尿病患者の食餌療法のために作られたものでしたが、現在は、いわば健康食品の一つとして、若い女性たちの間でブームとなっています。

チョコレートダイエットとは、チョコレートを食べるダイエット方法です。
チョコレートダイエットと聞くと、チョコレートをたくさん食べるダイエットを連想しますが、そうではありません。1日50グラムくらい、大体板チョコ半分くらいのチョコレートを数回に分けて食前20分くらいに食べるのが基本です。
チョコレートは、カカオが70%以上のビターチョコレートを選びます。チョコレートの糖分が満腹中枢を刺激して空腹感が抑えますので、あとは普段どおりに栄養バランスのよい食事をとります。
チョコレートダイエットの応用として、同じカカオから作られたココアを利用する方法もあります。空腹時にココアをとることで、カカオのみに存在する成分テオブロミンのリラックス効果により、空腹感を抑えることができます。
  


Posted by ダイエットマニア at 17:58ダイエット